BLOG

兵庫県・神戸市、ワクチン3回目接種について其の②!

こんにちは!シーエスサービスの石橋です。

 

弊社は兵庫県神戸市に拠点に、大阪府大阪市などで飲食店や老人ホーム、商業施設などを対象にグリストラップ清掃を実施しております。

 

まずはじめに、(昨日)3月11日は忘れてはならない日であります、東日本大震災から丸11年の歳月が経ちまして、毎年この日になりますと感慨深い日となり、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 

皆さま、この2022年の3月に入りまして、わが街兵庫県・神戸市の18歳以上の3回目のワクチン接種ついて改めて考えたいと思います。

 

今回も3回目のワクチン接種について執筆してまいります!

 

この数日前にワクチン接種券が届きまして、この度兵庫県・神戸市の18歳以上のコロナワクチン3回目の接種の予約を致しまして、来週にはワクチン接種予定をしています。

 

厚生労働省の見解によりますと去年からのオミクロン株の急速な拡大状況をふまえて、本当は2回目の接種から8か月の間隔を猶予されたいた様ですが、自治体の判断で6か月以上として前倒しして少し早目の接種可能になった様です。

 

例を申しますと東京都の小池知事の会見で、まん延防止等重点処置の解除について言及されていましたが、都内人口の40%のワクチン接種を受ける事が一つのポイントなると事で、以前2回目のワクチン接種した都民が約40%に達して以降、新規感染者数が急激に減少した経緯があったとの事です。

 

その事を踏まえると、今現在↓の図①で1府5県のワクチン接種率が20~30%弱の状況なので、この21日のまん延防止等重点処置の解除の方も延長を余儀なくされるかもしれません!!

 

近畿1府5県の3ワクチン回目の接種率!!図①

 

 

兵庫県においてのコロナ感染者数(3月10日付最新情報)!!

 

尚も今週の10日現在でも神戸市内でも約1000人の感染者数になっており依然として猛威を振るっていますが、個人個人の認識を高めて頂いて、「うつらない、うつさない」の基本の感染対策を日々実行して行く上で、3回目のワクチン接種でのもしもの事態に備えて万全に対応していかなければなりません!!

 

そして兵庫県・大阪府などまん延防止等重点処置の期間がこの1月27日から今月21日までの延長との事で、不要不急の外出を控えてマスク着用・手洗いうがい等の最低限の感染対策を日々実行しています。

兵庫県・大阪府等で1月27日から3月21日まで、まん延防止等重点処置の延長!! 

 

全国的なワクチン3回目接種率の方も約3500万人と総人口の約3割が接種済となり、今後も急速な接種者も増えていくと思いますが、ワクチン2回目の接種後の時間経過と共に起こる感染予防効果の低下に備えて3回目の接種効果に期待をすると共に、ワクチンのファイザー社などの発症予防の効果絶大なる有効性が発表されています。

全国の3回目ワクチンの接種人数・接種率!!

 

わたくしの飲食店関連の事をお話ししますと、まん延防止等重点処置の関連でこのオミクロン株の急激な感染状況にあって、もしお店の従業員さん(アルバイト含む)の親族などがオミクロン株に感染された場合、その従業員の方も濃厚接触者となり、お店には1人も感染者がいないにもかからわずお店を閉めざる負えないといったお話しを少なからずよく耳に入ってきます。

 

そうしたお客様からの情報や数日前に仕事で神戸の三宮周辺に行きましたが、お昼過ぎでもかなりの数の店舗が余儀なくお休みをされていた状況で、三宮や元町周辺でのお得意先が数十件とかなりの店舗がありますが、弊社の御得意先のお店も閉められていた店舗も多数ございましたので、少し愕然とした思いがありました。

 

何かこのコロナ禍の収束がまだまだほど遠い道のりが待っている様に思いましたが、この世知辛い世の中だけにスポットを当てるのではなく、一昨年からの「地の時代から風の時代」、でこの地球の200年に1度の大転換期に丁度差し掛かっていた時期でもあるとの事で、この状況が収束していく先には、きっとより良い未来が待ち構えている事を信じてこの状況に日々立ち向かっていかなければなりません!!

 

 

そしてこのホームページから飲食店や公共施設等のグリストラップ清掃他を関する情報をブログやコラムなど日々発信していますので、また電話・メールにてご相談頂けたら幸いです。

 

いつもグリストラップ清掃のお見積もりと清掃のご依頼、大変有難く心から御礼申し上げます

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

大阪府大阪市での店舗向けグリストラップ清掃は兵庫県神戸市のシーエスサービスへ
シーエスサービス
〒651-0066
兵庫県神戸市中央区国香通1丁目2-12-302号
TEL:090-2705-7627 FAX:078-222-2518

関連記事一覧